2020年11月27日

2020年度クリスマス。(1)

初冬の色合いになってきました。
と同時に 幼稚園は クリスマスの準備に 一色になってきました。

年長さん 年中さんは 多分 ふとした時 クリスマスのお歌の歌詞が 口ずさまれているのではないでしょうか。
今年のクリスマスを迎える幼稚園の皆さんは 昨年 じっくり同じフロアーで「聖誕劇」を見ていたこともあって いよいよ自分たちが主役との意識が強いように思います。
その 思いも実現したいこともあって 「国際会議場」メインホールで「蜜」になることを最大限回避しつつ クリスマスの喜びを分かち合いたいと思いました。
大きな声で 聖書の言葉を語るが 今年のテーマです。
ですから 「劇」として「演じること」は ほとんど期待することはできませんし、 聖書のお言葉がそのまま実現し 2020回世界中のみんなが喜べる奇跡を話したいと思っています。
難しい言葉です。 意味を聞かれても 私も分かりません。
そのままを 語り 聞く  そんな青葉幼稚園の110回重ねられた「クリスマス聖誕劇」を
ご一緒したいと 今日も たくさん練習いたしました。

来週から ひなぎくさん すみれさん もみじさん 先生たち 総出演で練習が始まります。

こんなことを書きながら 「わたしは小さいときどんな役をしたのかな」と思います。 
小学校に行ってた頃は ほんの時々 教会学校へ行っていたと思います。が ほとんど思い出はありません。
中学生 高校生になてからも 教会へ行くことはほとんどありませんでした。 短大がキリスト教の学校だったので 強制的に行かされ それでも熱心ではありませんでした。
短大2年生の時に 「聖誕劇」の練習とうのを見せてもらったのが最初かもしれません。
なんだかとても 気恥ずかしく 今風に言えば「なに これ」と冷ややかに見ていたこと思い出します。

そんな時を経て 約数十年間 教会で 幼稚園で 繰り返し「聖誕劇」を 本当に不思議に 毎回出会うこと 同じセリフ 同じ場面を演じたり 子供たちと作ったりするのですが、同じにはならない不思議を感じながら
2020年度のクリスマスを 期待いっぱいに迎えたいと思っています。

風邪をひかないでくださいね。 また 月曜日  ごきげんよう
 
 
 
posted by aobayoiko9 at 17:52| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。