2020年11月10日

我慢したことは

幼稚園の玄関の込み合う時間があります。
教育時間が始まる8時45分から 9時 遅刻の方があり5分過ぎまでが大賑わいです。
はらはら したこともあったのですが、自分の所持品をロッカーに入れ、カバンから出さなければならないものも判断して シールを貼りに行きます。時々 出会ったうれしさから口角泡を吹き出すかのような まさに「密接」「密集」状態になることもあり ハラハラすることもあります。
が この頃は いつまでも その状態が続くこともなく かなりのスピードで自分の行動を管理できるようになってきました。
今朝も 年中組 男の子女の子が入り乱れていました。
テレビの話 今日遊びたいこと 持っていることの情報交換 本当に楽しそうでした。その売り だんだん人数が少なくなり 
みんな「人」 それぞれのところに行ったようです。静かになりました。
ところが とってもいつもは元気な それでいて 大変傷つきやすい男の子が私の視線に背を向けるようにして しゃがみ込み 手で目をぬぐっているようです。
見過ごしていましたあが、 ロッカーの前に来てから かなりの時間が過ぎていたようです。 なかなかみんなのペースに入れなかったのか
そっと 近づいてみました。 確かに 目を覆っていました。「どうしたのかな」首が少し左右に動きました。
「悲しいことがあったかな」 やっぱり左右に首が降られるだけ。「そうなんだ じゃ もういいね」と 目頭を園長先生の大きい手で拭いてもらい膝が伸びました。やっぱり 額が膝につくくらいの姿勢になりました。 肩がゆっくり震えていました。
かわいい 本当の 涙を見せてもらいました。


今朝は この男の子の前に
たんぽぽさんの男の子 お玄関で「いやぁ」と 思いっきり大声で叫び 涙が少しあふれる
 小さい方がありました。 いろいろな先生 いろいろかかわってくださっても 担任の先生もいません 早い当園だったので雰囲気も違い落ち着きません。園長先生の奥の手「冷蔵庫開けてみよう」と言ってもらいました。 ありました。 小さな紙パックのジュース
彼は 声を出すことも 涙も 忘れて 答えてくれたのは「ご飯食べん」(朝ご飯食べていない) ごくごく飲みつづけていました。
ちょうど そこへ すみれさんの男の子
何をしてるのかと 覗きに来ました。 ジュースを飲んでいるたんぽぽさんの男の子をみて「なに?」「うん こころがかぜひいたんだよ」「ふーん」「おれ せきだけだよ」「おだいじにね」
何を言いたいのか 手に取るようにわかります。
けれども 彼は「ジュースいいな」でも「飲みたい」でも「なんで そのこだけなが」でもなく「おれ ほしい」でもなく
ただ 黙ってみていました。
「一緒にのもうか」と誘えたのです。冷蔵庫にはまだまだありますから。
でも 今日は 彼の「俺は そんなことは言わない」との決意にほれぼれして なんの誘いもいたしませんでした。
「もう なくなったね」と涙の男の子にきいて、彼にも聞こえました。
二人とも なんでもなかったかのように足が動き出しました。

ちいさいみんなの それぞれの 

小さな涙でした。が大きな「こころ」に触れさせてもらいました。 一日が始まりました。 


posted by aobayoiko9 at 18:19| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。