2018年12月27日

朝 お仕事に急ぐパパが おうちから握りしめてきた「消防車」を「ウム!」も言わず取り上げて 戸を開けようとされました。 はっと 気が付いて 大泣き!!
お当番のお玄関の先生にだっこしてもらって しばらく お友達の様子をながめて やっと 落ち着きました。

しばらくしたら ひなぎくさんの女の子 二人 職員室の様子を戸口で 見ていました。
きっと 「一緒に遊ぼう」のつもりで 抱きかかえようとしました。 一人はあおむけに倒れ 覆うように抱きかかえようとした女の子 上に載ってしまいました。
下になった 女の子 立ち上がりますが 涙が出ません。
「痛いときは 泣いていいんだよ」それでも涙は


posted by aobayoiko9 at 17:08| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。