2018年05月09日

すみません

寒い日が続きます。
それでも みんな お外は大好き お外にお散歩のクラスもありました。
テスト メールです。天気予報は 「寒の戻りのような」と言っておりましたが、 「寒」はもう遥か彼方のことと思っていましたが、 そうでもないのですね。
様々を表現する「おもしろさ」を感じながらも 「さむい!」と肩をすくめたくなり
半袖の方、ノースリーブの方 何枚も重ねている方様々です。

昨日 長いお休みの後 どんなご様子かと案じたりいたしました。 みんな 幼稚園を忘れることがなかったようです。とっても安堵いたしました。 が、 二日目が怖いです。 幼稚園に来てみたけどおうちがいい お母さんがいいと 悲しくなる傾向をおもうかrです。が、 それも まったく 的外れのような 心配事でした。 お友達と思う存分走り回り 、大型ブロックで遊び 様々な紙で 様々なものを作り・・・。でも そのただ 「なんだか作っている」が 立体の形になり 髪を立てる工夫がされていたり 、お友達と一緒にお絵描きだけではなく そこに物語が書き込まれてきたり、しているのです。
小さいお友達も 自分だけではない「人」=「人」がいることが分かってきたり・・・。
毎日 違った表情を見せてくださいます。

そんな 平和な午後 3時少し前 午後を見てくださる先生が 「いま 幼稚園の角の所で 人身事故があったらしくて
運転していた人が」 飛びあがって ホールへ行っていますと 東側の角 数人の方が集まっています。 中玄関から花壇にそって 道路の方へ眼をやりますと 何人かでお年寄りのお爺さんを起こそうとしておられます。荷台に束ねた板が 不安定にくくられていて 動かそうとするとそれが散乱しそうです。 おじいさんは大きな車を運転していた若い男性が小さな椅子をすすめ 座らせようとしています。
ワゴン車が「右折」しようとして ぶつかったといっています。「これから 救急車を呼んで 全身しらべてもらうから。 警察にも電話するから」と  手際よく若い男性はことをお爺さんに説明しているうちに 救急車が到着しました。意識はしっかりし 会話もできていましたが、81歳とのことですので 今後が心配です。
若い方は 「自転車置くところはないですか」と聞いてくださいましたので給食室横を進めて私は帰ってきました。

幼稚園は角地にあり 見渡しよいところです。 そのために 危険もたくさんです。どうぞ くれぐれも 気を付けてください。くれぐれも 宜しくお願いいたします。

お病気をしたりせず、ゆっくり良く休んで また明日お会いいたしましょう。
posted by aobayoiko9 at 15:48| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。