2018年04月18日

はじめてのこと

中々温かくなりません。 職員室・小さいお友達のお部屋に暖房が入っています。が 年中さんの男の子は 「この洋服の下 半袖だよ」と朝 先生にお話。 体感気温もいろいろです。

一か月ぶりにウェーラー先生の英語教室がありました。
先生の姪御さん「ツェラー」さんをご一緒してくださいました。 スイスからいらした19歳と聞いていますが とても美しいお嬢さんがこの一年幼稚園のお友達の英語教室を一緒くださることで ご紹介がありました。 先生と一緒に初顔合わせ(数年前 お友達と旅行の時 立ち寄って幼稚園の運動会を手伝ったくださいました。)の今日 少々緊張しましたが 日本式挨拶。その一言を聞きました。さて小さいお友達とご一緒してくださり 上手に日本語を話してくださることを期待して始まりました。

 ひなぎくさんたちも 今日から 受講者・・・。誰かが「まだ日本語も話せないのに」といっていましたが・・・。
これからが楽しみな 「英語教室」の始まりでした。
 「日本語」の習得に一生懸命は 1、2歳さん 3歳の新しいお友達・・・小さいお友達は多くを視覚で受け入れていくようです。が3歳さん、知らない言葉が幼稚園の中でたくさん飛び交います。その中から 知っている言葉を頼りに行動を考えていくようです。例えば「英語教室だよ、小ホールへ行くよ」と促されます。二つのことが情報としてあります。「英語教室」「小ホール」彼女は「英語きらい」と判断しました。
「いいよ 英語教室はしなくていいから 小ホールのドアのところにいて」今日の3歳彼女の「英語教室」でした。彼女もいつ「英語教室」参加することか 楽しみの一つです。

 明日もきっと 楽しみを 素敵な世界を見せてくださることでしょう。
風邪ひきをしませんように また明日。 
posted by aobayoiko9 at 15:19| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。