2008年06月19日

ミニコンサート

 ガイジンのコンサート 素敵でした。
17才の方2人 18才の方1人 その17才の女の子の一人のおばあさん ピアノを弾いて下さいました。

 曲は 「一郎さんの畑で・・」とか 「幸せなら手をたたこ」だったり、 私たちの知らない曲だったり、フルート、太鼓(ドラム)四角直方体の木箱です。下にキャスターもついているのです。一面に穴がくり抜かれています。中にギターの線が張ってあるそうです。ボンゴを叩くように側面を叩きますと、まろやかな素敵な音が出るのです。
ウェラー先生にあの楽器は何かと聞いても「ドラム」みんな ウンウンと頷いていましたから、そうなのでしょう。
 リズムに合わせて 合奏もありました。

30分ほどのコンサートとでした。
でも 二重唱が素敵でした。
何より おばあさんのピアノの軽やかなことexclamation×2私はそのことが感動でした。

 演奏者の方達はも楽しかったそうです。子ども達のこと かわいいといっていましたし、キューティクルと話していました。
すみれさん 紅葉さんの作ってくれたハート型にお絵かきがしてあるペンダント 大変なお気に入りでした。揺れるハート
コンサートが終わって 小さい組さん達退場。
残ったすみれさんと もみじさん、お姉さん達から「シオリ」を貰いました。お姉さん達と一緒に作りました。何よりもおかしかったのはその、材料が入っていたのが、助六寿司が盛られているプラスティックの入れ物。一人でほくそ笑んでしまいました。わーい(嬉しい顔)

 オレゴン州からのお客様でした。
来週水曜日帰国だそうです。
ウェラー先生 お疲れ様ハートたち(複数ハート)
楽しかったです。  では また明日


posted by aobayoiko9 at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック