2020年11月30日

クリスマス’(2)

 11月最後の日になりました。なんとなく あわただしさを感じてしまいます。

 明日 12月最初の日になったら もっと 忙しさを感じます。 「師走」ですと 申し上げることになるのでしょうか。

 今日から ひなぎく すみれ もみじ 三クラスでの「通し練習」が始まりました。
今まで もみじ組さんのセリフの練習の声が聞こえてきていたのですが、
今日からは ピアノも入り 聖歌隊の皆さんのお歌も聞こえ とっても力強く セリフもお歌も聞こえてきました。

110回を数える青葉幼稚園「聖誕劇〜御子(みこ)を訪ねて〜」はいつごろから タイトルされたのでしょうか。
筋書きは聖書の通りですから 変わるはずがないのですが、このタイトルには 何か祈りと 深い想いがあるのかもしれません。
ずっと 使っております
様々想像させられます。
神様の「ひとり子 イエス様」を訪ねる。 聖書は羊飼いと三人の博士が登場します。
三人の博士は限定されているのかもしれません 捧げものとして「黄金 乳香 没薬」をお捧げしたとありますので 三人と言われてきたのかもしれません。 でも 今日は 二番町教会牧師「上田創」先生との礼拝では 「アルタバン」という人が一緒に訪ねたかったというところから始まる紙芝居を見せていただきました。
様々な 素敵な物語が想像されることですが、イエス様にあったのは三人の博士と定着しているようです。

また 赤ちゃんイエス様を探そうと出かけたのは「羊飼い」とあります。 人数はわかりません。
野宿をする羊飼いですから そんなに大勢であったことは考えられません。ほんの数人だったかもしれません。
三人であったり ほんの数人 その人たちだけが「まず 主イエス様」を探したのです。
星を頼りに 天使の言葉だけを信じて・・・・。

まず第一歩を踏み出す時 私はどうするだろうと 果てしなく想像させられます。 青葉幼稚園の聖誕劇のタイトルは すごいです。

明日も 練習すると みんあ 納得しています。 大きく一歩を踏み出しています。

風邪をひかないように インフルエンザ コロナウィルス感染症から遠ざけられますように。 ごきげんよう。
 
 
posted by aobayoiko9 at 18:06| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月27日

2020年度クリスマス。(1)

初冬の色合いになってきました。
と同時に 幼稚園は クリスマスの準備に 一色になってきました。

年長さん 年中さんは 多分 ふとした時 クリスマスのお歌の歌詞が 口ずさまれているのではないでしょうか。
今年のクリスマスを迎える幼稚園の皆さんは 昨年 じっくり同じフロアーで「聖誕劇」を見ていたこともあって いよいよ自分たちが主役との意識が強いように思います。
その 思いも実現したいこともあって 「国際会議場」メインホールで「蜜」になることを最大限回避しつつ クリスマスの喜びを分かち合いたいと思いました。
大きな声で 聖書の言葉を語るが 今年のテーマです。
ですから 「劇」として「演じること」は ほとんど期待することはできませんし、 聖書のお言葉がそのまま実現し 2020回世界中のみんなが喜べる奇跡を話したいと思っています。
難しい言葉です。 意味を聞かれても 私も分かりません。
そのままを 語り 聞く  そんな青葉幼稚園の110回重ねられた「クリスマス聖誕劇」を
ご一緒したいと 今日も たくさん練習いたしました。

来週から ひなぎくさん すみれさん もみじさん 先生たち 総出演で練習が始まります。

こんなことを書きながら 「わたしは小さいときどんな役をしたのかな」と思います。 
小学校に行ってた頃は ほんの時々 教会学校へ行っていたと思います。が ほとんど思い出はありません。
中学生 高校生になてからも 教会へ行くことはほとんどありませんでした。 短大がキリスト教の学校だったので 強制的に行かされ それでも熱心ではありませんでした。
短大2年生の時に 「聖誕劇」の練習とうのを見せてもらったのが最初かもしれません。
なんだかとても 気恥ずかしく 今風に言えば「なに これ」と冷ややかに見ていたこと思い出します。

そんな時を経て 約数十年間 教会で 幼稚園で 繰り返し「聖誕劇」を 本当に不思議に 毎回出会うこと 同じセリフ 同じ場面を演じたり 子供たちと作ったりするのですが、同じにはならない不思議を感じながら
2020年度のクリスマスを 期待いっぱいに迎えたいと思っています。

風邪をひかないでくださいね。 また 月曜日  ごきげんよう
 
 
 
posted by aobayoiko9 at 17:52| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月17日

球根を植えに行ってきました。

先週末から 思いもかけない 暖かい日々が続いていますが そろそろ 下り坂でしょうか。

子供たちも たくさん お外で遊べましたし、お散歩にもたくさん 出かけることができました。

今日は 例年 この時期 お声をかけてくださる富山ロータリークラブの皆さんと
城址公園の国際会議場よりのお堀のそばの花壇に チューリップの球根を植えに もみじ組さんが出かけました。

例年ですと とても寒かったり 雨降りだったりするのですが、 今日は 来ているコートもぬいて出かけていきました。
一時間余り 過ぎたころ 元気に帰ってきました。 「いくつ球根を植えたの?」片手を広げる方 両手を広げる方
「そんなにたくさん?」
「あのね 球根 玉ねぎみたいなんだよ」
報告をしてくれました。
出かける前に 「種を植えてくる」と話す年長さんがいましたので 「球根だよ」というと「そうだよ」
「玉ねぎみたいんだよ」等々 情報がさく裂していました。

実際に経験して 自分の知識が確かめられたこと・「種」とは違うことを知った方 自分の知識を整理できたことでしょう。
あの玉ねぎみたい球根に「春 みんなが一年生になる頃 きれいな チューリップ お花を咲かせたいと思う命があるんだよ。やさしくしてあげようね」
そんな お話ができるチャンスでした。

みんな たくましく 優しくなっていきました。

また明日  風邪ひきをしませんように。
posted by aobayoiko9 at 15:59| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月12日

明日に期待して

朝からとても 良いお天気
今日は お外で遊んだり お散歩に行ったり 
元気な一日でした。

新型コロナウィルスのニュースは大3波と報じています。
改めて 感染拡大に気を付けていきたいと 思った一日でした。

明日は 何に心揺さぶられることでしょう。

ごきげんよう
posted by aobayoiko9 at 17:36| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月10日

我慢したことは

幼稚園の玄関の込み合う時間があります。
教育時間が始まる8時45分から 9時 遅刻の方があり5分過ぎまでが大賑わいです。
はらはら したこともあったのですが、自分の所持品をロッカーに入れ、カバンから出さなければならないものも判断して シールを貼りに行きます。時々 出会ったうれしさから口角泡を吹き出すかのような まさに「密接」「密集」状態になることもあり ハラハラすることもあります。
が この頃は いつまでも その状態が続くこともなく かなりのスピードで自分の行動を管理できるようになってきました。
今朝も 年中組 男の子女の子が入り乱れていました。
テレビの話 今日遊びたいこと 持っていることの情報交換 本当に楽しそうでした。その売り だんだん人数が少なくなり 
みんな「人」 それぞれのところに行ったようです。静かになりました。
ところが とってもいつもは元気な それでいて 大変傷つきやすい男の子が私の視線に背を向けるようにして しゃがみ込み 手で目をぬぐっているようです。
見過ごしていましたあが、 ロッカーの前に来てから かなりの時間が過ぎていたようです。 なかなかみんなのペースに入れなかったのか
そっと 近づいてみました。 確かに 目を覆っていました。「どうしたのかな」首が少し左右に動きました。
「悲しいことがあったかな」 やっぱり左右に首が降られるだけ。「そうなんだ じゃ もういいね」と 目頭を園長先生の大きい手で拭いてもらい膝が伸びました。やっぱり 額が膝につくくらいの姿勢になりました。 肩がゆっくり震えていました。
かわいい 本当の 涙を見せてもらいました。


今朝は この男の子の前に
たんぽぽさんの男の子 お玄関で「いやぁ」と 思いっきり大声で叫び 涙が少しあふれる
 小さい方がありました。 いろいろな先生 いろいろかかわってくださっても 担任の先生もいません 早い当園だったので雰囲気も違い落ち着きません。園長先生の奥の手「冷蔵庫開けてみよう」と言ってもらいました。 ありました。 小さな紙パックのジュース
彼は 声を出すことも 涙も 忘れて 答えてくれたのは「ご飯食べん」(朝ご飯食べていない) ごくごく飲みつづけていました。
ちょうど そこへ すみれさんの男の子
何をしてるのかと 覗きに来ました。 ジュースを飲んでいるたんぽぽさんの男の子をみて「なに?」「うん こころがかぜひいたんだよ」「ふーん」「おれ せきだけだよ」「おだいじにね」
何を言いたいのか 手に取るようにわかります。
けれども 彼は「ジュースいいな」でも「飲みたい」でも「なんで そのこだけなが」でもなく「おれ ほしい」でもなく
ただ 黙ってみていました。
「一緒にのもうか」と誘えたのです。冷蔵庫にはまだまだありますから。
でも 今日は 彼の「俺は そんなことは言わない」との決意にほれぼれして なんの誘いもいたしませんでした。
「もう なくなったね」と涙の男の子にきいて、彼にも聞こえました。
二人とも なんでもなかったかのように足が動き出しました。

ちいさいみんなの それぞれの 

小さな涙でした。が大きな「こころ」に触れさせてもらいました。 一日が始まりました。 
posted by aobayoiko9 at 18:19| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月04日

さむい!が交わされるこども園でした。

 昨日「文化の日」は 美しい大輪の菊が似合う空模様でしたが、一転して 今朝は寒さが普通ではないと思わされる始まりでした。
少しずつ 風邪ひきの方が増えてくるように思います。 新型コロナのためばかりではなく 手洗い・うがい励行 合言葉ですね。

朝 大きい組さんの礼拝が終わって 小さいつくし組さんの赤ちゃんたちが階段を上ります。2階のオレンジ色の壁に背中をつけることになっています。少しずつ 青い壁の道路側の階段から 大きい組さんの前を通ってその壁に向かってくる「つくし組」さんのお兄さんたち。
を待つ間 小さいつくしさんたち 先生と「結んで開いて」の
手遊びをして待っていました。 上手なのです。 グーとパー 握ると開くこの繰り返し、今まであまりにも 歌い古されて
あまり 意味を感じていませんでしたが、今日改めて 「曲と歌詞と手遊び」
名曲だと思いました。

そして この手遊びをしながら 大きくなるつくしさんたち 幸せだなと思いました。

みんなと 礼拝をして お食事までの時間それぞれのクラスの活動時間です
今日は たんぽぽ組さんがお散歩に行く予定で 玄関にコートを着て 帽子もかぶり
さぁ 出発 「えんちょうせんせい いってきます」と
ご挨拶をして 戸をあけたとたん「さむぅ_」と口々に叫びましたが 先生が「あれぇー 雨ふってきたぁー」
じゃ お部屋に戻ろうでは ないのです。 「幼稚園の周りをまわってきます・」
いいですね!
ところが 
そんなに簡単な雨降りではありませんでした。 先生たち とっさの判断 職員室の外のアーケードになっているところで「うんどうかい」
「よーいドン」 先生の声が響き 何人かずつ競争!!
みんながゴールして 玄関前「えんちょうせんせ! ただいま」と帰ってきました。
お散歩記録には10分の遠足と記されました。
少し お外に出てみるだけで 気分も変わります。出入りの準備がその何倍の時間がかかることですが、
一つ一つチャンスが多いことは 練習回数が増えることですから 大切ですよね。
その時間を 待てるかどうか・・・・・。子供たちは心で見ています。

明日も寒いでしょうか どうぞ 体調管理良くしましょうね。   ごきげんよう。

posted by aobayoiko9 at 17:54| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月02日

急速に冬の足音です。

11月になりました。
新型コロナウイルスがこの寒さになっても元気であることに これから先の 本格的な寒さが加わって とても 脅威を感じます。

幼稚園のみんなが元気に11月を迎えられたことを うれしく思います。

今日は月曜日 牧師先生と一緒に礼拝を守りました。
11時から始まるからでしょうか とても静かに 一生懸命に先生のお話を聞くことができます。
そのお話は次の聖書の言葉でした。

旧約聖書 サムエル記上 16章7節
「しかし 主はサムエルに言われた。「容姿や背の高さに目を向けるな。私は彼を退ける。
人間を見るようには見ない。人は目に映ることを見るが、
主は心によってみる。」
紙芝居を使って 「少年ダビデ」の前半部のお話でした。

子供たちには どのように聞こえたでしょうか。   お家でゆっくりと 聞いてみてください。
言葉にならなかったり 「忘れた」「わからん」と返事があるかもしれませんが 私は 必ず 何かが届いたと確信しています。

一緒に大切な時間を過ごすことができました。

明日は 「文化の日」どうぞ お家でゆっくりお過ごしください。
元気に水曜日お会い いたしましょう。  ごきげんよう。」また こんど。
posted by aobayoiko9 at 16:59| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする