2020年10月12日

成長させてくださったのは神です。

月曜日
朝の空はとても美しく 今日は晴れそうだよとの 予感をさせてもらえる色合いでした。
案の定 暑くなってきました。

幼稚園のクラスや みんなで集まってする「おはよう」のお歌は 「グッドモーニング」のお歌です。 そのあと「今日は10月12日月曜日 10月12日 月曜日 お天気は晴れです。」が定型文になっています。
多分 アームストロング先生の時代 ほとんどが英語の生活 朝の挨拶も英語で交わされていたのではないでしょうか。その名残かな・・・?
のなり 引き継がれた伝統ともいえるかもしれません。英語ではいたしませんが日本語で声を合わせます。
つくし組さんも 同じ文体ですから お家でも 「今日は」とか「はれです」とつぶやきながら お遊びしているときがあるかもしれません。
るのでは ないでしょうか。

月曜日は 幼稚園全員が集まって 二番町教会の牧師先生と礼拝を守ります。
今年は 11時から 始めています。 毎月一回のその月のお誕生日の方の「祝福式」に続く ランチお祝い会の時間に合わせて その時間に察せていただいています。

今日も 11時礼拝が始まりました。
今日の聖書のお話は コリントの信徒への手紙3章6節〜7節(新約聖書302ページ)「成長させてくださったのは神です。」
みんながよく 暗唱している箇所のお話でした。
紙芝居を見せてくださいました。
あらすじは「まりちゃんのおうちに入ってきた小雀を まりちゃんはかごに入れて 飼いたいとお父さんにお願いします。いいよと
いいよと 言ってくれると思ったのに 一晩だけにしようと お父さんは言います。 次の朝 軒先には雀が泣いています。おかあさんすずめだね、
すずめはご飯をたべなかったよ すずめは 人のあげるご飯は食べないんだよ 誰がご飯をあげるの 神様だね。 このままだとしんでしまうよ お父さんも 小さいときにすずめを飼てみたけどかわいそうなことになったよ。 すずめのお母さんもきっと進めのお母さんも悲しくなるのではないか」と諭されて 小雀を逃がしました。
ちいさな すずめも神様は大事にしてくださいます。
私たちのことも 大事に養い 助けてくださいます。」

讃美歌は 「かみさまにかんしゃ」「山のかんしゃさい」でした。

どうぞ 「今日は 牧師先生のお話 どんなのだった?」と聞いてあげてください。
記憶をたどることは大事なことです。 言葉を駆使することはとても難しいことですが、一生懸命考えます。
そして 慌てないで ふんふんとよく 聞いてあげてください。 
素敵な親子の会話が 弾むことでしょう。  明日はどんなお話が聞けるでしょうね  ごきげんよう。

明日は どんなことをご報告してくれることでしょう。 ごきげんよう。
posted by aobayoiko9 at 18:00| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする