2019年06月25日

世界は広いのです。

みんなのロッカーに 水遊びのバッグが入るようになりました。
今朝 一番の質問 「水遊びある?」という方が多くありました。

水遊びといいましても 水着に着替えるために 自分の洋服などを自分でかたずける方法 遊んだ後 体をふくこと等 考えて 教えていただかなければならないことがいっぱいです。
それでも 「水」の魅力が流れます。
そのお話は 今度にさせていただきます。 

先日の たんぽぽさんの靴箱に靴をほおり込みながらも 自分で片手のお花をどうするか納得できてきれいに 靴箱に入れなおしてくれたことをお話したその日

彼女が一生懸命に 考えているとき その奥で つくしくみの女の子です いわゆる0歳児さんの女の子も一生懸命考えていました。
ようやく自分の足で立つことができ いろいろ動きたくてたまりません。
その彼女がじっと 立ち止まりました。 腰をかがめて 手で 自分のムチムチ太ももを触っています。その姿勢も片手はバラン氏を取るために背中のほうに回されます。
ほんの一瞬後には 腰を伸ばすかのように まっすぐになります。
また 同じように 体を半分に折って 太もものあたりを触ります。 「かゆいのかね」と 大人は見ています。
ゆっくり その動作が何度も繰り返されました。お薬をぬることかな どうしたらいいのかと 思案しておりました。よく見ると
パンツのゴムのところに紐が通してあり その両端が ちょうど太ももあたりにることに気が付きました。 
彼女は やっぱり 腰を半分に折って 太ももを触ります。そして ヒョイと フッと その紐をつまむことができました。

彼女の満面の笑顔 世界を征服したかのように それをもって あたりを見回しています。
やっと わかりました。 彼女は 何度も腰を曲げながら その紐を取るための距離を探していたのです。まだまだ 各部分が未発達の彼女たちです。 
本当に 全世界征服です。
一つ一つ 征服していきます。

そんな日もあったんだよ と言いたくなるような ひなぎくさんの女の子二人
今朝 ロッカーに名札を 一文字一文字読んでいます。
「みんなよんだぁ」 二人で 世界の頂点に立ちました。  一人一人の世界征服
明日は どんな世界でしょうか 
風邪ひきをしませんように。 また 明日。 


posted by aobayoiko9 at 17:05| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月21日

心を 動かす子供たち たくさん

 毎朝 9時30分 3歳・4歳・5歳の方が小礼拝室に集まり  一緒に礼拝をいたします。
みんな一緒に朝の挨拶から始まります。 カタカナ英語がピッタリ 「グッドモーニング」子供たちは「グーモーニン」と歌います。「おはようございます。今日は6月21日金曜日 お天気は 晴れ」と ご挨拶をします。
青葉幼稚園の朝の定型句です。
過去 いつかの時点で これにどんな「意味」があるのか やめてしまおうかと思ったことがありました。
しかし どなたっだったか 幼稚園卒業の男性の方が 「英語をよく 聞き 言わされ 一週間 サンデーとか 言ってた。うまくいえなくて・・・」と思い出を語ってくださいました。 なるほど この定型句もそうした一連の中 語られてきたことかもしれないと思いました。
出典は定かではないのですが 大切にしていこうと 今は ためらわず 毎朝ご挨拶をしています。

 前置き長くなりました。
昨日のブログ 中途半端 お天気のことで締めくくったのですが、 どこか 押し間違え。
そのまま 終わってしまいました。

 そんな週半ば 毎日かわいい姿を見せてもらっていました。
19日(水)
この日はたんぽぽ組さん 半分づつお友達がお外遊び。
後半グループの方も お昼になり 先生に呼んでいただいてお部屋へ帰る時間になりました。女の子二人 最後まで中玄関でどうしようかとためらっていました。 一人の女の子は 片手に小さなシロツメクサを握りしめていました。持っているものをどうしようかと右に左に歩いていました。そうしているうちに先生が「いくよ」と誘ってくださいました。彼女も納得したのですが もう片方の手で抜いた靴を靴箱におもおいっきり投げ入れました。 少し離れて ほおりこんだ様子を眺め 握りしめてだいぶくたびれたお花を見比べて 彼女は ほおりなげた靴をきれいに揃えて 玄関へ行きお部屋の靴を履いてお部屋へ行きました。 シロツメクサはきっとお部屋へ届けられたことでしょう。

その様子を 園長先生のお隣で見ていた女の子 中々 お部屋へ行きたくありません。先生が何度か呼びに来てくださったのですが、どうも「気乗り」がしません。どんなに言っても 半歩も進みません。
持久戦です。 ただ一つ うなずいたのは「お玄関にはいりますか?」 
中玄関に入りましたが、仁王立ち
私も疲れてきました。 中玄関の椅子に座り「いつまでもまってるよ」 遠くからホール二階のお部屋からショックの音が聞こえてきたりします。 動き出せたのは・・・ 園長先生の息づかいだけが聞こえるようになって・・・靴をぬいて靴下をはき 片方を履くかどうか 足の指の間に砂が挟まっているのが気になり・・・ゆっくり・・・
するとそこへ祐子先生が「あれっ」と探しに来てくださいました。  重苦しい場面の空気が 二人ほっとしつつも 自分で片方も履き終わるのに まだ 時間はあるよと言ってあげたいくらい・・・園長先生の前に仁王立ち 「あっ・・できたんだ じぶんでしたよね・・・」彼女の目にうっすらと涙 ぎゅうー!!「いっぱい泣いていいよ」 涙がなくなったら 祐子先生と「がんばったんだってね!!」と励ましてもらい手をつないで お部屋へ行きました。 きっと ご飯はおいしいことだったでしょう。

20日(木)
朝 年中組の男の子です。
ほぼ 毎朝 延長戦の部屋を訪問してシールを貼りに行きます。
一連の 朝しなければならないことを終えて 再びご訪問。園長先生のお隣の祐子先生のお椅子に座り くるくる回転させながらいろいろの会話を楽しむ時間です。
「今日はね 大変なことがおこるかもしれないよ」
「わかった 逃げるんだ」
「違う違う それは 防火訓練っていうんだよ」 「わかった 机の下にかくれるんだ」
「ちがうちがう それは 防災訓練っていうんだよ」
「そんなんだ ないんだよ 今日は 防犯訓練だよ」「わかった」と 飛び出していきました。なんのことだったでしょう。
実際の防犯訓練は お部屋の隅っこに みんなが集まって アナウンスがじーっとしている 今年度最初の防犯訓練は 10分ほどで終了しました。

21日(金)
お外遊びをしていたつくし組の女の子です。
みんなは お砂場や 鉄棒のところにいるのですが 彼女は中玄関にいました。
片手に黄色いシャベル お友達のほうを見たしていますが なにか 納得できないようです。
ゆっくり お砂場かごへ。 赤いカップを取ることができました。 ゆっくり方向転換 両手にシャベルとカップ。ゆっくり よちよち みんなのところに 向かうことができました。

週末です。 お風邪をひかないように気を付けて 月曜日お会いいたしましょう。 




posted by aobayoiko9 at 16:37| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月20日

今日は ここまで

 大変ムシムシする日々になってきました。
特別に 爆発的に病気が蔓延するということでhあないのですが、 急に熱が高くなったり 低くなったり 風邪ひきなのでしょうが
特別の病気になっているのではないかと オロオロしてしまうことがあるようです。
幼稚園で 発熱 37度4分をご連絡する基準にしていますが もう少し様子を見ようかと 水分を取り 安静にしたりして、 こまめに体温を測ることをしているうちに 熱が下がりだしたり 反対に上がりだしたり ということが日常になっております。ぉ仕事の途中にお電話をすること を申し訳ないと とおもいつつ 先生方 お電話して下さています。

 この 「ヘン」な お天気がはy
posted by aobayoiko9 at 18:20| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月17日

むかしむかし

 週末の天気予報にじゃらはらしましたが、大変暑い日になりました。
朝のシールコーナーでの会話です。
年長組さんです。 日付の案内の横に お天気マークがかけて 案内されています。
彼は そのマークが 「くもり」のマークであることがわかりました。 今までは 「晴れ」とか「雨」はなんとなく感覚的に理解できていましたから 気にすることはありませんでした。
が、今日は 「あー 今日は くもり 雲がいっぱーいだからね」と「くもり」と「くも」が同じことを指していることがわかりました。
黙々と お友達は シールを貼り 当別に応答してくれるわけではなく 大きな声の独り言のようでしたが、
言葉と その内容と 文字の並び方の違いがしっかりと納得でき、大きく言語の世界を広げることができました。

 そんな姿を見て玄関横のコーナに行きますと 「あそこに虫がいる」と年中さん年少さん 頭をつつき合わせています。
どんな虫だったでしょうか、色塗りをしながら 「小さいけど 命があるから 大きな声尾はださないよね」と教えてくれるお友達もありましたが 夢中になっている方たちには聞こえません。
その目にも入らない虫は 朝 ひと時「スター」だったかもしれません。
ふと 小さいときのことを思い出しました。 姉やそのお友達とよく草むらで「ままごと」などをして遊んでいました。
もちろん小さい虫など 手に乗り這い上がってきます。フッと吹き飛ばしたり、叩き落したり なんでもありませんでした。
そんな風に遊び惚けていたある日 あるお姉さんが 「キャー!!」と叫びました。「ここにムシ 虫がいるっ」と気絶しそうに叫ぶのです。
仲間のお姉さんたちは まったく知らん顔をして 遊びを続行
虫を見つけ 身も世もないと絶叫したお姉さんも 次の瞬間には 大勢の方たちと遊んでいます。
幼いながらに 「あっ っ・・こんな反応の仕方もあるのだと」と 処世術を学んだ帳に思いました。
それ以来 時に応じて 反応を使い分けることができるようになりました。 
あまり 蛇も トカゲも 蜘蛛も平気よ・・という表情をすると ちょっと困る場面では学習提供のお姉さんの様子をお借りしたりします。
ところが 絶対正視できなかったのは 高校時代の生物の授業の「ふな」と「かえる」の解剖でした。
すっぱりと切れるメスなら いざ知らず・・・。

家に帰り話しますと 「そんなこと たいしたことでないよ わたしたち もっとすごいことをしてたんだから」と母の一言。
上には上がありました。

子供たちの「ここに虫おる!!」の一瞬 相馬等が駆け巡りました。

明日も暑い日になりそうです。 体調管理良くしてくださいますようお願いいたします。 またあした。  
posted by aobayoiko9 at 16:02| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月13日

運動会って?

 一日の寒暖の差 日中の気温の予測も 子供たちの動きの具合も想像できず 体温調整が本当に難しいこの頃です。
今日は 小さい組さんたち 何人も「熱が出ました」と、お電話をかけなければならない 子供たちのご様子でした。週末の疲れ・気温の変動でしょうか。お大事になさってくださいね。

大きい方たちの運動会の練習も 本格的に始まりだしたようです。 今年度は 平日の午後からを予定しています。
「運動会なのに?」
昨年来 「運動会ってなんだろ?」先生たちの反省の会話から見直しが始まりました。
園長先生は 「全園児」で それぞれの年齢にあった みんなで「がんばる」のが「運動会」と 考えています。ところが小さいお友達とご一緒はたくさんの無理があります。 「がんばる」にもとっても大きな「無理」があります。 昨年は3歳以上のお友達三歳以下のお友達で日程を別々にして、実施しました。
おおむね 良かったとの 感触を受けました。
今年度も 日程を それぞれ分けてすることを前提に「運動会ってなんだろう」と考えました。
 幼稚園は現在 サッカー教室・リズム遊びの時間を午後にしています。 また 週末にすることは子供たちの疲れ具合からいかがだろうと考えざるを得ない状況も感じました。

 おうちの皆様のこと 体育館をお借りする日程 準備を進めること・子供たちの行事を作り上げっていく目標等様々考慮しました。
「運動会ってなに」を 「からだの隅々まで使って 自分の表現を楽しむ」「日頃の遊びを全体として整えること」を主眼にすることといたしました。 
卒業したお友達が出場する種目はありません。 未就園児の皆様は 秋の小さいお友達の運動会に参加ください。 こんなことを「内輪で」というのかもしれません。 子供たちが本当に一生懸命 「ちから」を発揮し 「自分で達成感」を味わってほしいと思います。そこに おうちの皆さんの「よくがんばったね」を添えていただきますと どんなに素敵でしょうか。
よろしくお願いいたします。

どうぞ くれぐれも 毎日元気でありますように。風邪ひきをしませんように。

また あした 元気にお会いいたします。


 
posted by aobayoiko9 at 17:06| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月10日

さまざまな経験をとおして

すっかり 梅雨の趣になりました。

 金曜日は 幼稚園の保育参観活動をご一緒くださりありがとうございました。
一日の主な活動の それも ほんの一部を見ていただいたことです。
今年度は「ここから 運動会がはじまる!!」をテーマに「運動会」にむかって 各クラス活動を工夫いたしました。
運動会に この度の競技が 種目となることはないようですが、ルールを守ること・自分のしたいことではなく お友達をも意識することが求められる部分が 大切なこととなることを意識してほしいと 「始まり」を年齢にあわせて元気に作り上げました。

さて 最後の「うんどうかい」は どんな姿になることか 本当に楽しみです。 
毎日の成長の積み重ねを 「体を動かす」ことで表現する姿を楽しみにしたいことです。

小さいお友達は 初めての「おうちの方がご一緒」??? なんだかいつもと違う!!!と涙の方もありました。
「違いが判る」こと いつもを冷静に受け止めようとする方 様々に 初めての経験を受け止めました。

おつかれさまでしたと 小さい方をねぎらいたいと思いました。

そして 今日は「花の日」としてお花を準備していただきました。 ありがとうございました。
雨降りでしたので、訪問はできませんでした。
待っていただいた皆様に申し訳なく思いました。 実は訪問時間 わずかの間はれまだったのです。が 小さい方々「さぁ!!」と準備する間にまた 振り出すかのようだったのです。
先立って みんなで 礼拝できたことはとっても 素敵でした。
あすも お天気を見ながらの行動になるようです。

ところで みなさんは 「雨の日がすきですか 晴れの日が好きですか」こんな問いが見つかりました。
私は どちらかというと 「雨の日がいい」派です。 
さて あすは どんな日になることでしょうか。 またあした。


posted by aobayoiko9 at 15:50| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月06日

大きくなるということは

天気は良くても 日差しが強く 暑さに 外にはでれないねということだったでしょうか 朝の少しの時間遊ぶお友達がいるだけでした。

午後から ひなぎく組の「リズムダンス」の時間がありました。
始まるまでに お帰りの用意をしておくことが大事です。
1組さん 大体全員鞄に入れて ホールへ行ったころ 2組さんが連絡帳やシール帳の入ったチャックの袋をもって階段を下りてきました。
みんな ロッカーの前に棚から自分の鞄の紐を引っ張って 床に鞄を置き蓋を開けます。鞄の入り口とチャック袋の幅とほぼ同じ寸法です。
模様・布地は自由ですが、大きさは決められている通園鞄です。
彼は チャック袋のほかにお部屋で作った作品の入った小袋 そのほかに明らかに「ひこうき」を折ったとみられる作品を手にしてきました。
ゆっくり いつものペースで鞄の蓋を開けます。丁寧に大きさを確かめるように滑らせて鞄に入れました。蓋を閉めたところで
先生のホールへ行きますよの 声が聞こえました。
それでも 彼の手は きれいに鞄の蓋を閉め 折り紙のオリセンをしごくように抑え 棚に入れていました。
それから 作品は下の棚にほおりこみました。
袋に入れていなかった「ひこうき」 すぐに見えるようにそっと 手前において ホールに向かっていきました。

これだけのことなのですが 彼は 決していつもの鞄にしまうときの順番を崩すことはありませんでした。
また 自分の大切にしたいものへの気持ちが よくわかります。 が もう4歳です。しなければならないことも分かったいますから 囚われてもっていかなければならないとはよく わかっています。 大きくなったと うれしくなりました。


明日は 短い時間ですが、参観日をさせていただきます。
日頃の様子を見たいただきたいと思いますのが、 ママやパパやおうちの方が来てくださる特別の日です。
そのままを そのままに受け止めてあげてください。 できたできていないが基準でないことをご理解くださり、
「へぇ〜」と 楽しんでくださることをお願いいたします。 明日 お会いいたします。


posted by aobayoiko9 at 16:55| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月05日

暑い日 心も 熱く

6月になったとたん ムシムシと熱くなってきました。

月曜日(3日)月初めの月曜日ですから 牧師先生と一緒の礼拝その後 6月生まれのお友達の「誕生祝福式」があります。その月に生まれたお友達が 前に出て、担当の先生から 氏名や誕生日を聞かれたり 大きくなったら何になりますか 好きな遊びは何ですか等インタビューを受けます。小さい方には誕生日をいうことが難しかったり、何と答えていいのか 前に出て、きれいに飾られた「お立ち台」に立ちますと「あたままっしろ」
状態なの子もしれません。
まして 後ろには ママやご家族の方がいらっしゃいますから 緊張しますよね。

 その日の朝 ご兄弟で来てくださっている男の子たち お兄さんが6月生まれです。毎朝シールを貼るコーナーでの会話です。
弟の顔を覆うように覗き込みながら 「今日ね 礼拝の時 ママいるからね」
と ママがいても 泣いたりしないよ、ママのところに行ったりしないよと、教え諭していたのでしょう。弟君は お兄ちゃんに教えてもらったようにちゃんとみんなと一緒に礼拝・」祝福式をいたしました。

 すみれ組の男の子も 今日はママが来るから と楽しみにしていました。

 小さいお友達 先生たちも前に出て祝福式を終えました。
ひなぎくさん 女の子です。 職員室の廊下にお椅子をかたずけ 階段に向かうとき 「お誕生日おめでとう」と手をたたいているのです。
今日はそんな日だったから どのお友達にも手をたたいてあげているのかと思っていました。
いいえ 彼女は 自分のクラスの女の子に「おたんじょうび おめでとう」と手をたたいてお祝いしてあげているのです。
誰も知らない でも
お誕生日のお友達には 最高のお祝いを してあげてくださったと嬉しくおもった ひと時がありました。


 昨日は 市役所給食関係の先生の巡回指導があり、
ドキドキする時間を過ごしました。

 今日は 午前中 「福祉人材採用力向上セミナー」という研修会に行った来ました。子供たちの声が懐かしかったです。

 明日も 暑くなりそうです。 風邪をひかないようにお大事にしてください。 また あした。 

posted by aobayoiko9 at 16:47| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。